事故車

  • 車を査定に出す際、事故車かどうかの定義がどのようになされるのかをご存知でしょうか?
  •  
  • 実際には、自動車のフレーム部分を修理や破損している車というのが、査定の際の事故車の定義となっています。 そうなると、バンパーやボンネット、ドアやフェンダー、トランクフードなどの外板を修理や交換しただけの車は、事故車としては定義されないということになります。
  •  
  • 事故車として定義されてしまうと、査定金額はおよそ20%ほど減額になるとされています。また、大きな事故として定義されてしまうと、減額も膨らんでしまいます。
  •  
  • 先に述べた通り、査定における事故車の定義というものがありますので、車体の骨格部分を損傷してしまい、修理や交換した場合などの、大幅なケースでは、必ず申告する必要があるものの、定義に当てはまらないと判断される場合には、あえて申告する必要はありません。
  •  
  • しかし、事故のあとの修理や交換が、事故車としての定義に当てはまっているかどうか迷う場合には、やはり申告するようにしましょう。事故歴を申告しなかった場合には、返金になるケースはもちろんのこと、損害賠償請求などの問題に発展するケースもありますので、注意は必要です。
  •  
  • 車の事故歴に関しても、査定の際に状況をしっかりと伝え、できるだけ高価な査定をしてくれる事業者への売却を検討してみましょう。 それほどの減額にならないケースもありますので、しっかりと査定依頼の際に伝えるようにしましょう。